女医

聞こえが悪くなったら突発性難聴の可能性大|耳鼻科で適切な治療を

難聴を改善

婦人

補聴器は音を聞こえやすくするために、さまざまな機能が装備されています。難聴の時には気が付かなかった雑音が気になる際には雑音を制御してくれる機能があります。また、後方や周囲の物音に反応できるために指向性の機能が内蔵されています。これらの機能を使って豊かな聞こえを手に入れましょう。

詳細へ

製品選びの前に店を選ぼう

レディ

補聴器を探す際には専門お販売店で相談することをおすすめします。補聴器はあっていないものを使うと良さが判りにくい上に、そのまま使い続けると体調不良に成ることもあります。しっかりとしたノウハウと実績がある販売店ならば、補聴器本来の魅力を引き出す為に、丁寧なフィッティングを行ってくれます。

詳細へ

突然聞こえなくなったら

耳

早期発見、早期治療

突発性難聴とは、普段聞こえていた音や話声が、突然聞こえにくくなる病気です。高齢者で聞こえが悪くなるというわけではなく、老若男女問わず発症する可能性のある病気です。突然片側の耳が聞こえにくくなるのが特徴で、耳に栓をしたような不快感やめまいが起こることもあります。突発性難聴になる原因は、現在はっきりとはわかっていません。しかしながら、ストレスや疲労が影響していると考えられています。突発性難聴が疑われたら、早めに病院、耳鼻科を受診するようにしましょう。1ヵ月ほど放置してしまうと、聴力が固定され、改善が難しくなるといわれています。どんな病気でも早期発見、早期治療を行うことが、症状改善への近道で、突発性難聴も同様です。

治療法は

突発性難聴の治療法は、どの難聴の治療とも同じで飲み薬が基本であることが多いです。飲み薬にはステロイド薬や利尿薬、血流改善薬などが使われます。ステロイド剤は副作用の心配も懸念されますが、医師の指示通りに飲めば効果があげられる薬です。突発性難聴の場合、大量のステロイドを数日間投与することで効果が期待できる方法があります。また、内耳の血流阻害が突発性難聴の原因とも考えられており、血流改善の薬が処方されることがあります。同じく内耳の血流改善を促す方法として、交感神経に麻酔注射をし、神経を一時的に弛緩させて自己治癒力を高めるという方法もあります。同時に、ストレスや睡眠不足をさけ、リラックスできる環境を整えるようにしましょう。

まずは一度試してから

男の人

補聴器のレンタルは実際の購入の前に機器による耳の聞こえを調整し、不具合がないか確認するために必要です。レンタル期間中に細かな調整をしてくれるかや、店の対応はどうか等も見ることができるので人気となっています。

詳細へ