まずは一度試してから|聞こえが悪くなったら突発性難聴の可能性大|耳鼻科で適切な治療を
男女

聞こえが悪くなったら突発性難聴の可能性大|耳鼻科で適切な治療を

まずは一度試してから

男の人

お試しができる

補聴器は高機能のもの程値段が高く、60万円から100万円近くするものもあります。しかし、一人一人の耳の感覚は違うもののため、高額商品ほど一定期間レンタルを行い、試用させてくれる店舗がほとんどです。補聴器をレンタルするためには、まず補聴器販売店に行って調整をしてもらう必要があります。補聴器を耳に入れてピーピーした音や雑音の多さ等を調整してもらい、レンタルを開始します。レンタル期間は店によりますが、1週間から1ヶ月程度様子を見て、問題ないようなら購入になります。値段が高いため、試してみてもやはり買わないと言う場合も問題ありません。今までよく聞こえていなかった音が聞こえるようになるため、最初は違和感があったりする場合がありますが、試用期間に慣れる場合がほとんどです。

レンタルする

補聴器のレンタルが人気なのはもちろん高額商品であるためです。医療器具でもあるため、合わない物を利用していると、体に悪影響が出る可能性もあります。耳の聞こえが今まで以上に悪くなってしまっては仕方がないので、慎重に調整をしてもらう必要があります。補聴器は高い分買った後でも、店舗で聞こえのメンテナンスをしてもらう事ができます。レンタル期間は機器の調子を確認する事と同時に、その店舗での対応を確認する期間でもあります。長年補聴器の調整でお付き合いすることになるので、調整をしてくれる人の対応がどうか等も見定める必要があります。レンタル期間でそういったものが満足行かなければ無理に買う必要はないので、すぐに購入するよりも一定期間のレンタルの方が人気があります。