難聴を改善|聞こえが悪くなったら突発性難聴の可能性大|耳鼻科で適切な治療を
男女

聞こえが悪くなったら突発性難聴の可能性大|耳鼻科で適切な治療を

難聴を改善

婦人

周囲の雑音が気になります

難聴になると日頃気が付かない悩みが出てきます。相手が話していることはわかっても話の内容がわからなかったり、何度も繰り返し聞き返せなくてわかったふりをする経験が増えてきます。また、周囲の音がどの方角から聞こえているかわからなくなったり、広い部屋で会話をすると音が反響して明瞭感が損なわれる場合もあります。そんな時補聴器がさまざまな機能を使って改善してくれます。補聴器によって音が聞こえるようになると、周囲の雑音が気になることがあります。難聴の時には気が付かない雑音も補聴器によって音を拾うようになると煩わしくなるものです。雑音制御装置が装備してあると周囲の騒音を抑え、正面での会話や音を聞こえやすくすることができます。

豊かな聞こえを得よう

難聴の程度が強くなると正面だけでなく後ろからの物音に気が付けなくなります。指向性の機能が付いた補聴器の場合、装用者に広がりのある音を伝える事ができます。これはマイクが正面からだけでなく、後方の音に反応できるように二つ付いている機種が対応できます。更なる音の広がりを得るためには、片耳よりも両耳装用をするとよいでしょう。また、テレビやラジオを聞き取りやすくするためには、外部入力の端子と接続することで聞こえが大幅に改善します。最近では無線で音を補聴器に飛ばして感知するタイプもあります。聞こえにくかった電話の対策も携帯電話の普及に伴い改良が進んでいます。難聴を改善させるためにはこのようなさまざまな機能が内蔵しているとより豊かな聞こえを得る事ができます。